エディ・テイラー アイ・フィール・ソー・バッドを聴いています

udetamago1

25年位前に「求音堂」というレコード屋でこのアルバムに出会いました。

其のころ僕はブルースが好きになり始めた頃でした。

このCDを選んだ時、店主のじいさんが「エディ・テイラーですか・・・・」と感慨深げに言っていたのを記憶している
その時じいさんがどんな意味で言ったのかはわからないが、ブルース初心者にしては渋いのを選ぶなあ!といったところだったと思うが、聴いてみて一発で好きになった。
これ以降、たくさんのブルースを聴くことになっていったのでした。

フィリップ・ウォーカーバンドとの共演というのはずいぶん後になってライナーノーツを読んで知ったが、その当時はフィリプ・ウォーカーのことはまだしならなかったと思う。

ギブソン・SGでキレアジ鋭い音を出すウォーカーは本当に大好き!

後にフィリップ・ウォーカーの「ボトム・オブ・トップ」を聴いてこちらも超お気に入りになった
ギブソン・SGでキレアジ鋭い音を出すウォーカーは本当に大好き!

何んといっても独特なウォーキン・ベース・・・独特の間がほかの人とは違う

曲目


I Feel So Bad  P-VINEから出ている日本盤のほうが好き!ノリ、音の厚みともに格段のちがいです!

Jacson Town スライドギターが渋い!


Stop Breaking Down  エディーのウォーキングベースとフィリップ・ウォーカーの弾きまくりギターの掛け合いが絶妙!たまりません。
13 Highway

Stroll Out west  アコースティック・ギターでデルタブルース調の曲だが、なぜかオシャレな感じになっている
Sittin’ Here Thinkin’  これぞ、シカゴ・ブルースのお手本のような演奏と歌です。
Going Upside Your Head  フィリップ・ウォーカーのカッティング・ギターがキレアジ鋭くかっちょいー!
Twelve year Old Boy  エディーのウォーキングベースとタマに入るシンプルだが味のあるリード・ギター・・・最高!
There’ll Be A Day  またまたエディーの渋いうたとフィリップ・ウォーカーの弾きまくりギター、シャープで繊細なSGの音が際立っている。さすが!
Bullcow Blues  これまたエディのアコースティック・ギターでのチャーリー・パットンを彷彿とさせるイカス奏法とエディの声が絶妙な1曲です。
Wreck On 83 Highway  なんだこりゃ?フィリップ・ウォーカーもギターでうたっているぞ!
Blues In The Rain

Mean Red Spider  KPFラジオ局での録音。

Big Town Playboy  こちらのテイクもKPF局での録音。
ウォーキング・ベースの教科書みたいな演奏です。


Greyhound Bus  自宅録音だそうです。

このP-VIN盤は1989年発売


1972年の原盤に3曲プラスされた


Mean Red Spider,
Big Town Playboy
Greyhound Bus


エディはミシシッピー・メンフィス・シカゴとブルーズ魂を育んできたが1985年12月心臓発作で亡くなりました。


幼いころからジュークジョイントなどでチャーリン・パットンなど多くのデルタブルースマンたちの影響を受けてギターを覚えたらしいです。


1924年ミシシッピーで生まれたエディは
その後、エルモア・ジェームズやジョン・リー・フッカーなどのブルースマン達とも多数録音しています。


ジミーリードの名サイドマンとして独特のウォーキン・ベースで支えたエディです。


久しぶりに全曲聴いて

 




ながらくジミー・リードをサイドマンとして支えていたエディだが、
その後様々なミュージシャンとのセッションの中で、個性を磨き
独自のウォーキング・ベースと卓越した歌唱力で僕たちを楽しませてくれた


戦前のデルタ・ブルース〜シカゴ・ブルースの黄金時代を突っ走った
このアルバムに出会えたことをほんとに感謝します。


ありがとうエディ!

タイトルとURLをコピーしました